曹洞宗金龍山瑞雲寺

瑞雲寺だより瑞雲寺だより テキストサイズ 小 |中 |大 |


宮城県丸森町にある曹洞宗のお寺、金龍山瑞雲寺です。

Important Topic

大事なお話

手を合わす

手を合わせる姿

修行中、托鉢をしている時のことです。とある町で7歳くらいの女の子に喜捨して頂いたことがありました。

私が「財法二施 功徳無量・・・」と偈文を唱えている時、女の子は目を閉じ静かに手を合わせています。その時「手を合わせる姿というのは、なんて尊い姿なんだろう」とかえって自分の心が救われた気持ちになったことがありました。

IMG_1322.png

手を合わせるとは

手を合わせることを合掌(がっしょう)といい、インドにおいて右手を神聖な手、左手を不浄の手として使い分ける習慣がありました。

両掌を合わせるということは、人間の中にある神聖な面と不浄な面とを合一したところに、人間の真実の姿があるとされています。

托鉢の時、女の子の手を合わせる姿が尊く見えたのは、おそらく人間の真実の姿が垣間見えたからなのかもしれません。

形から入って心を調える

道元禅師のお言葉に「身の威儀(いいぎ)を改むれば、心も随って転ずるなり」(正法眼蔵随聞記)がございます。意味は、身のふるまいを改めれば、心も変わってゆくということです。

修行道場においては合掌礼拝が特に大切にされています。仏様と対面する時、廊下で僧侶とすれ違う時、食事の時、東司(トイレ)・浴司(お風呂)に入る時、寝る時などなど。手を合わすという形から入ることが心を調えることになり、それが修行に通じているのです。

手の合わせ方

IMG_120.png
曹洞宗の信仰実践の基本は、端坐(たんざ)・合掌(がっしょう)・礼拝(らいはい)です。

食事の前後でしたら、「いただきます」「ごちそうさま」
お仏壇やお墓の前でしたら、「南無釈迦牟尼仏」または「南無帰依仏 南無帰依法 南無帰依僧」(なむきえぶつ なむきえほう なむきえそう)とお唱えします。

手の合わせ方は、肘は張りすぎず、脇は拳一個分開けます。同じく鼻先と中指の先の間も拳一個分開るといいでしょう。礼拝は腰から上体を前に傾けておじぎをします。

数珠のかけ方

数珠は称名や真言を唱える時の回数を数えるためのもので、珠を一つ一つ触れるごとに仏様を念じることから念珠ともいいます。珠と珠をつないでいる一本の糸はお釈迦様の悟りの心を象徴していることから、仏教徒にとって大事な法具となっています。

珠の数は108個(煩悩の数)を基本としておりますが、結構な長さになるため半分の54個、36個、27個、18個というのもあります。

手を合わせる時は、親指と人さし指の間に、または左手の四指にかけます。経本を渡された場合は、左手首にかけます。歩く場合は、左手に持ちます。数珠を畳の上にじかに置くといった粗末な扱いはしないようお願い致します。

焼香の仕方

①香炉の前で手を合わせます。
②左手は片手合掌、右手(人差し指・中指・親指)で抹香をつまみ、ひたいで念じてくべます。これを主香(しゅこう)といいます。
③次に、抹香をひたいで念じず添えるようにくべます。これを従香(じゅうこう)といい、合わせて2回抹香をくべることになります。
④最後に手を合わせて席に戻ります。

形から入る

人間生きていれば心が落ち着かないこともたくさんあると思います。そんな時は、自分ひとりでこの世を生きているのではなく、多くの命によって支えられ生かされているのだという気持ちになって食事の前後、あるいはお仏壇の前で手を合わせてみませんか。

意識で心を変えるのは難しいかもしれませんが、かえってあれこれ思うよりも手を合わせるといった形から入る方がいいのかもしれません。(※強制ではありません)



お地蔵様

道元禅師のお言葉

「身の威儀(いいぎ)を改むれば、心も随って転ずるなり」
(身のふるまいを改めれば、心も変わってゆく)

(正法眼蔵随聞記)