県道45号線の山神 伊達郡霊山町
県道45号線の山神 伊達郡霊山町

 ホーム きっかけ 巨石探訪 石碑巡礼 伊具の不思議 旅で出会った石 リンク 瑞雲寺HPへ
道45号線は、宮城の筆甫から、霊山まで通じる道路です。道路着工から約80年経った今でも残念ながら貫通されていません。道路ができれば霊山へ行くのにだいぶ楽になるのですが・・・
今回探索した巨石は霊山側にあったものです。

県道45号線の始まりにある、一休さんの人形。顔は童顔ですが、背は高いです。
この先、通行不能です。開通すれば、わざわざ遠回りせずに霊山に行くことが出来るんだけどなぁ。ちなみに道路が開通すれば、筆甫の大聖不動明王堂の巨石経石など見ることができます。
落ちそうで落ちない道路にせり出した巨石。
県道45号線の頂上は笹ノ峠。窓ノ倉山の山腹を走る道路です。道路にさえこんな大きな石が存在しているのですから、この先の山中にまだ見ぬ巨石があるのではないかと思います。
山中に眠っている巨石の存在を想像しただけでワクワクしてきます。みなさんもワクワクしてきませんか?
以前霊山の方が「伊具郡に接する山々は現代日本の秘境である」と言っていました。そんなことあるわけないと思っていましたが、伊具郡の巨石を探索し始めて、その人が言っていた意味がなんとなくわかるようになってきました。
違う角度から見たところ。
金山の総善社のようなタイプの巨石です。
「山神
従五位男爵源通城書」と彫られています。とても素晴らしい字です。特に山神の神の字の縦の一本線がのびのびをしていいですね。字の彫られた年代はわかりませんでしたが、おそらく明治か大正の頃だと思います。
下の部分。御札が納められています。神道のことはあまりわかりませんが松の枝も納められています。
お札は、虎捕山山津見神社と書かれています。この神社も巨石がいっぱいです。
巨石と記念撮影。
Mapion
県道45号線の先は笹ノ峠です。伊具郡誌によりますと、「霊山村に通ずる峠であるが沿道笹が繁茂したのでこの名出づ」とありました。45号線の山神は霊山町の大石地区にあります。大石という地区名、石好きの私にとって興味のある地名です。笹が繁茂して笹ノ峠と名付けたくらいですから、大石という地区名も、大きい石があったので単純に大石と称したのかもしれません。この大石地区を丹念に調べてみたら、大きい石がゴロゴロと出てくるかもしれません。
 ホーム きっかけ 巨石探訪 石碑巡礼 伊具の不思議 旅で出会った石 リンク 瑞雲寺HPへ