丸森町の庚申碑について

庚申碑について

人の体内(頭と腹と足)にある
三尸の虫が、60日ごと(一年に6回)にまわってくる庚申の夜、天に昇って人の罪過を天帝に告げるため生命を縮められるとする中国の道教の教えがある。庚申の夜は眠らずに言行を慎み、健康長寿を祈念する信仰遊戯が行われることになった。道教の信仰が底流にあり、これに仏教的な信仰が加わって、室町時代には、庚申待をする講が結ばれ月待講による供養塔造立にならった庚申塔造立が始まる。庚申待の行事や庚申塔造立は人の延命招福にあるが、村の講中のものが徹夜で酒食をとることから、村民の連帯につながった。

■丸森町筆甫早稲田観音堂
庚申碑の説明をします。
間違っている所があればすみません。

真ん中の仏像は青面金剛です。
他に帝釈天、神道では猿田彦神と呼ばれています。

真ん中よりちょっと下の左右にいる動物は鶏です。庚申の日を夜明かしすると酉(とり)の日となることから彫られたのでありますが詳しいことはわかりません。筆甫の石碑は雄と雌が彫られています。とても仲よさそうです。

一番下の見猿・言わ猿・聞か猿は8世紀ごろ天台宗の教えとして日本に伝わりました。中国語の「不見不聞不言」を訳したもので猿とは関係がありません。全て「ざる」で終ることから、さるにかけて三猿が彫られました。三匹の猿は古代エジプトにも見られるものでシルクロードを経由して中国に伝わりました。エジプトから筆甫に伝わったことを考えると悠久のロマンを感じます。

一番上のは天気予報が無い昔。稲を作る人にとっては最大の関心事だったと思います。豊作を願って彫られたと考えられます。日・月の下にある雲は瑞雲といい、めでたい時に出る雲とされています。

青面金剛が持っている羂索は棒に巻きついた蛇にも見えます。蛇は三尸の虫封じの道具とされています。ちなみに京都延命院の縁起によりますと、棒に巻きついた蛇は、三尸の虫封じを表現したものと説明してあります。宝剣・弓矢は悪魔降伏の為に持っているものと思われます。

丸森町・角田市の庚申碑
筆甫常照寺前
拡大写真
筆甫常照寺前
筆甫常照寺前
拡大写真
筆甫肱曲
徹夜するなら1年に6回、60日ごとにしましょう!!

ホーム  小岩リスト